未分類

efoサービス


みなさんはefoサービスのことをご存じでしょうか。 フォームまで訪れるも約80%のユーザーは申込みに至っていないと言います。その問題を解決するためにそのようなサービスが存在します。みなさんが一生懸命ホームページを構築するものの、フォームまで訪れていただけたのに、約80%のユーザーは挙句の果て申込みを行わないのが現実です。ここにどのような問題があるのかということを、事業をしている人たちは、真剣に考えていかなければなりません。

このフォームからの離脱率をどのような方法で改善することが出来るのでしょうか。集客・広告の最適化やLPO などについても、みなさんは既にいろいろ考えていらっしゃるでしょうけど、集客効率の最適化、申込み獲得数の拡大のために、このような問題ともしっかり向きあっていかなければなりません。それは、Entry Form Optimizationを略したものであり、入力フォームを「最適化」する方法のことを言います。 そもそも入力フォームというものは、お客様が、広告や検索を通じてサイトを訪れた場合、購入しようと思ったり、資料を請求しようと思ったときに避けて通ることが出来ない作業です。

ホームページを作った人たちにとって、お客様がここまで来ていただくことが出来ないのなら、そもそもホームページ制作にはどのような意味があるのでしょうか。それなのに、せっかくホームページのフォームまでお客様が来てくれたというのに、完了まで至ってくれないで退去して行ってしまうのです。 実際にはみなさんが想像している以上多くのお客様が、店舗に入り、店舗の中の商品を見て、購入しようかなというモチベーションを持つものの、何らかの理由で購入せずドアから出ていってしまっているのです。このような問題をどのような方法によって解決出来るか考えることが、Entry Form Optimizationの役目だと考えてください。

しかし、離脱ポイントはどのように見つければいいのでしょうか。解析ツールなどを導入することによって、そのようなことが判るかもしれません。更に、ASP型のサービスを利用することで、フォームの項目ごと、どの項目を入力中にユーザーが離脱したかということがわかります。いろいろみなさんが対策と向きあい方法を探っているようです。